読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSアプリ開発の逆引き辞典

iPhone/iPadで使えるアプリ開発のTipsをまとめてみました

AudioServicesCreateSystemSoundID関数/AudioServicesPlaySystemSound関数を使ってサウンドファイル(BGMや効果音など)を再生する

BGMや効果音などのサウンドファイルを再生するのにはAudioServicesCreateSystemSoundID関数/AudioServicesPlaySystemSound関数を使用します。

AudioServicesCreateSystemSoundID関数/AudioServicesPlaySystemSound関数を使用する場合は、importディレクティブに以下の宣言が必要になります。

#import <AVFoundation/AVFoundation.h>

アプリパッケージに含まれるサウンドファイルを再生する

バイナリ内に含まれる楽曲ファイルを再生させる場合のサンプルコードを以下に示します。

// 楽曲ファイルのパスからNSURLオブジェクトを作成する
NSString* path = path = [[NSBundle mainBundle] pathForResource:@"test" ofType:@"wav"];
NSURL* url = [NSURL fileURLWithPath:path];

// サウンドIDを取得する
SystemSoundID soundID;
AudioServicesCreateSystemSoundID((CFURLRef)url, &soundID)

// 音声ファイルの再生をおこなう
AudioServicesPlaySystemSound(soundID);

// 読み込み済みのサウンドリソースを解放する
AudioServicesDisposeSystemSoundID(soundID);