読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSアプリ開発の逆引き辞典

iPhone/iPadで使えるアプリ開発のTipsをまとめてみました

UIScreenクラスを使ってディスプレイの解像度(サイズ)を取得する

UIScreenクラスは、ディスプレイに関する情報を取得することができるクラスです。

ディスプレイサイズを取得する

ディスプレイサイズを取得するには、UIScreenクラスのscaleプロパティを使用します。

CGRect screenSize = [[UIScreen mainScreen] bounds];  

ディスプレイの密度を取得する

UIScreenクラスのscaleプロパティを取得することで、ディスプレイの密度を取得する事ができます。これによって実行デバイスがRetinaディスプレイを搭載しているかどうかを判定することができます。

CGFloat scale = [[UIScreen mainScreen] scale];

このscaleの値が、iPhone 3GSやiPad miniの標準解像度の場合は1.0、iPhone 4以降のRetinaディスプレイの場合2.0となります。

ステータスバーを含まない領域のサイズを取得する

ステータスバーを含まない領域のサイズを取得するには、UIScreenクラスのapplicationFrameプロパティを使用します。

CGRect applicationFrame = [[UIScreen mainScreen] applicationFrame];