読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSアプリ開発の逆引き辞典

iPhone/iPadで使えるアプリ開発のTipsをまとめてみました

サイズを指定して空のUIImageオブジェクトを生成する

本記事では、UIImageオブジェクトをプログラム(コード)だけで動的に生成する基本となる方法を紹介します。

- (UIImage *)imageWithSize:(CGSize)size
{
    UIImage *image = nil;
    
    // ビットマップ形式のグラフィックスコンテキストの生成
    UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(size, 1.f, 0);
    
    // 現在のグラフィックスコンテキストの画像を取得する
    image = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
    
    // 現在のグラフィックスコンテキストへの編集を終了
    // (スタックの先頭から削除する)
    UIGraphicsEndImageContext();
    
    return image;
}

上記で定義したUIImageオブジェクトを返すimageWithInRect:メソッドを実行します。

- (IBAction)tappedButton:(id)sender
{
    // ImageViewのサイズを取得する
    CGSize size = self.imageView.frame.size;

    // サイズを指定してUIImageオブジェクトを生成する
    UIImage *image = [self imageWithSize:size];
    
    // 生成したUIImageオブジェクトをImageViewに設定する
    self.imageView.image = image;
}

実行すると下図のようになります。

f:id:ch3cooh393:20140307181237p:plain