読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSアプリ開発の逆引き辞典

iPhone/iPadで使えるアプリ開発のTipsをまとめてみました

iOSでアプリにAppBank Network(nendSDK iOS)の広告を実装する

iOSアプリレビューサイトで有名なAppBankが始めた「AppBank Network」という広告配信サービスの広告を掲載してみましょう。AppBank Networkは、バックボーンに株式会社ファンコミュニケーションズのnendを使っています。そのためAppBank Networkの広告を表示するにはnendSDK iOSを利用します。

AppBank Networkのパートナー登録が完了した状態で、以下のアドレスから管理ポータルにログインして、nendSDKをダウンロードする必要があります。

nendSDKは、2013年9月26日にリリースしたバージョン2.2.1にてarm64に対応し、同年11月5日にリリースされたバージョン2.3.0でアイコン型広告にも対応しました。

AppBank Network(nendSDK iOS)をプロジェクトに取り込み、NADView.hをインクルードします。

#import "SBViewController.h"
#import "NADView.h"

@interface SBViewController () <NADViewDelegate>

@property (weak, nonatomic) IBOutlet UIView *adView;

@end

nendSDKを使って、320ポイント×50ポイントの一般的なバナー型広告のサイズの広告を表示してみましょう。ViewControllerクラスのviewDidLoadメソッドにて、showNadViewメソッドを実行するようにしました。

showNadViewメソッドは、下の方で実装したいと思います。

@implementation SBViewController

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
    
    [self showNadView];
}

では、テスト用のアプリキーとスポットIDが用意されています。

テスト用のIDを使って実行してみましょう。ここでは用意されたアプリキーa6eca9dd074372c898dd1df549301f277c53f2b9、スポットIDの3172を使用しましょう。

- (void)showNadView
{
    CGRect f = CGRectZero;
    f.size.width = NAD_ADVIEW_SIZE_320x50.width;
    f.size.height = NAD_ADVIEW_SIZE_320x50.height;
    
    NADView *nendView = [[NADView alloc] initWithFrame:f];
    [nendView setNendID:@"a6eca9dd074372c898dd1df549301f277c53f2b9"
                 spotID:@"3172"];
    [nendView setDelegate:self];
    [nendView load:nil];
    [self.adView addSubview:nendView];
}

#pragma mark - NADViewDelegate

// 広告素材の読み込みが完了したら送信される
- (void)nadViewDidFinishLoad:(NADView *)adView
{
    
}

実行すると下図のようにバナー広告が表示されます。